HOME > 花祭が、ユネスコ無形文化遺産の候補から外れている!

投稿日:2016.02.18 お知らせ

花祭が、ユネスコ無形文化遺産の候補から外れている!

津具花祭2015_001724

日本の来訪神行事8件、ユネスコ無形文化遺産の候補に
(写真は設楽町津具の花祭)


このニュース、今朝知ったのですが、文化庁はユネスコに世界無形文化遺産候補として、神が憑依する来訪神行事8件をユネスコに申請するということを知りました。しかし、同じく来訪神行事の豊橋の鬼祭、奥三河の花祭が入っていないのです・・・そんなバカな。とくに奥三河の花祭は、研究者からも非常に評価の高い祭なのはいうまでもないことで、なぜ選外となっているのか、まったく合点がいきません。もちろん申請される8件と同じ国の重要無形文化財です。時間はあまりないかもしれませんが、声を上げていかねばと思います。


申請される8件の来訪神行事、いずれも国の重要無形文化財

「甑島のトシドン」(鹿児島県薩摩川内市)

「男鹿のナマハゲ」(秋田県男鹿市)

「能登のアマメ ハギ」(石川県輪島市・能登町)

「宮古のパーントゥ」(沖縄県宮古島市)

「遊佐の小正月行事(アマハゲ)」(山形県遊佐町)

「米川の水かぶり」(宮 城県登米市)

「見島のカセドリ」(佐賀県佐賀市)

「吉浜のスネカ」(岩手県大船渡市)

sample