HOME > 西三河 > 知立祭 2016年

取材日: 西三河

知立祭 2016年

知立祭_002586

知立祭は本祭と間祭が隔年で行われる。したがって本祭は2年に一度の開催となる。前回、私は山車の曳き廻しだけを見届けて祭を後にしてしまったのだが、それがどうしても心に引っかかっていたこともあり、今回、富山への撮影旅行のまっただ中でありながら、日帰りで知立祭に伺うことにした。名古屋からならともかく、富山から日帰りで知立に来る人間がかつていただろうか・・・などと考えながら車を走らせ、お昼前にどうにか知立に到着した。
まず最初に本町の出発式に向かった。知立祭りを見るのは2回めだが、ここの祭は、様式美が際立っている。祭人が整列して他の山車を出迎える時など、なんともいえない凛とした空気が漂う。また楫方の所作も素晴らしい。一糸乱れぬ動きで山車を担ぎ上げ、またドスンと落とす時も呼吸を合わせて一気に行うのだが、楫方の息が見事に合っている。
山車文楽も素晴らしい。知立祭独特のものだが、見ている者を引きこむ力がある。この日見たのは本町の壺坂観音霊験記、盲目の夫と夫の目が治るようにと願う妻の思いがすれ違ったことから起こる悲劇だが、語りも三味線も人形もすべてが素晴らしい。
今回、知立祭保存会会長の加藤さんにご案内していただいたのですが、おかげで素晴らしい撮影ができました。


とき:5月2日、3日(本祭は隔年開催)

ところ:愛知県知立市




知立祭_002570
出発式 知立祭の美しさの一つに祭人が創りだす様式美がある

知立祭_002571
交差点などで他の山車に道を譲る出迎えの様子

知立祭_002585
知立祭といえば「担ぎ上げ」というくらいの楫方の見せ場

 

知立祭_002585AA
しゃがむのではなく足を抜いて尻餅をつくようにする

知立祭_002586
愛知県の中でもとくに珍しい動作だ

知立祭_002588
知立神社での出迎え 見事な様式美がある

知立祭_002593
各町の楫方の見せ場

知立祭_002595
知立神社境内に曳き揃えられた山車

知立祭_002598
道の狭い知立では頻繁に楫方が進路修正を行う

知立祭_002600
中新町の楫方衆

知立祭_002605
町中で山車がすれ違う

知立祭_002606
担ぎ上げ前、楫方は精神を集中させる

知立祭_002610A
山車の重さ5t、前楫がないのでかなり重いはず

知立祭_002612A
知立祭りのもう一つの見せ場 山車文楽

知立祭_002612B
とてもクォリティが高くて素晴らしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sample