HOME > 尾張・名古屋 > 御田植祭 熱田神宮御田神社・大高斎田 Otaue-Sai

取材日:2012年06月18日 尾張・名古屋

御田植祭 熱田神宮御田神社・大高斎田 Otaue-Sai

御田神社田植祭_8929_1205

御田植祭は五穀豊穣を祈る祭で、御田神社は五穀豊穣の神である大年神(おおとしのかみ)が祀られています。御田神社では後日、緑区大高の氷上姉子神社そばの御斎田で行われる御田植祭に植えられる玉苗が供えられ、祝詞奏上の後に芙蓉のかんざしを挿した袴姿の巫女による早乙女の舞が奏上されます。日を改めて6月第4日曜日には大高の御斎田において御田植祭が行われ、ここでは水玉模様の着物に、手甲・脚半・菅笠姿の早乙女が、田植歌にあわせ田舞を舞い、橙色の装束の奉耕者の介添えで、早苗を斎田に植えて、五穀豊穣を祈ります。


開催時期:6月18日(御田神社)6月第4日曜日(大高斎田)
ところ:御田神社:名古屋市熱田区熱田神宮
    大高斎田:名古屋市緑区大高氷上姉子神社
公式HP:https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/shinto/

御田神社は境内の奥まった場所にある

御田神社は境内の奥まった場所にある

 

芙蓉のかんざしと袴姿の早乙女

芙蓉のかんざしと袴姿の早乙女

 

厳かな中にも華やかな雰囲気のある神事

厳かな中にも華やかな雰囲気のある神事

 

4人の舞が奏上される

4人の舞が奏上される

 

森の奥まった雰囲気が太古から続く五穀豊穣の祈りを感じさせる

森の奥まった雰囲気が太古から続く五穀豊穣の祈りを感じさせる



日を改めて斎田での御田植祭

日を改めて斎田での御田植祭

 

御田神社に供えられた玉苗を植える

御田神社に供えられた玉苗を植える



大高は元熱田とも言われ、熱田神宮創祀の地

大高は元熱田とも言われ、熱田神宮創祀の地

 

古式ゆかしい田植えの景色です

古式ゆかしい田植えの景色です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sample