HOME > 昇龍道 > 古川祭 岐阜県飛騨市

取材日: 昇龍道

古川祭 岐阜県飛騨市

古川祭2016_002394

飛騨古川は小京都の佇まいと山里の素朴さを兼ね備えたとても美しい町だ。その町で毎年、4月19日、20日の2日間にわたって古川祭が執り行われる。古川祭の見どころは大きく分けて2つある。2日間にわたって行われる絢爛豪華な屋台の曳行・曳き揃えと、男たちが激しくぶつかり合う1日目の夜に行われる起し太鼓だ。この2つの見どころは、同じ祭りなのに全く違う表情を見せる。もちろん、一つの祭りの中に全く違う様相を呈する祭はたくさんあるが、それらは陽と陰あるいは太陽と月のような関係を持ち、1枚の写真で表すならという問いかけに対して何らかの答えが出るものだ。しかし古川祭はそのようなものではなく一つの祭に太陽が2つといった感じの祭なのだ。
 「動と静」、最も短い言葉で表すならこうなる。飛騨古川の町並みを優雅に進む祭屋台はまさに「静の美しさ」を放ち、荒々しく祭人がぶつかり合う起し太鼓は「動の躍動感」が伝わってくる。2つの要素が見事なコントラストを描く祭だ。そのうえ、獅子舞、からくり人形、子供歌舞伎といった出し物も加わるのだから、楽しみもつきない。今回は残念ながら日帰りだったが、次回は泊まりで来てみたいものだ。


ところ:岐阜県飛騨市飛騨古川市街地
交通:JR高山線飛騨古川駅
開催時期:4月19、20日(開催日は主催者に確認してください)
公式HP:http://www.hida-kankou.jp/event/15/article/



古川祭2016_002360
朝、屋台蔵から屋台が曳き出され、各町内を曳行される

古川祭2016_002364b
町並みは年に一度の晴れ舞台として化粧される

古川祭2016_002365
祭初日、演目を持つ各屋台は町内でからくりや子供歌舞伎の披露を行う

古川祭2016_002365b
青龍台のからくり人形

 

古川祭2016_002365d
白虎台の子供歌舞伎

古川祭2016_002372
真宗寺前に曳き揃えられた屋台

古川祭2016_002375
飛騨型というのだろうか、絢爛な屋台に飛騨の匠を感じる

古川祭2016_002379
起し太鼓がある初日は早めの蔵入りとなる

古川祭2016_002382
神楽台組の獅子舞

古川祭2016_002383b
町内の家々を回る

古川祭2016_002384
日が暮れた頃、各組から「付け太鼓」と呼ばれる小太鼓を持った若衆が集まってくる

古川祭2016_002385
起し太鼓本番前、付け太鼓を使って余興をする若衆

古川祭2016_002394
付け太鼓を大太鼓の櫓直後につけることが最大の名誉とされる

古川祭2016_002397
櫓は後衛と呼ばれる男たちに守られる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sample